睡眠不足は加齢臭の天敵?睡眠から変える明日の臭い

8e8704ef8a7d0d4f25f09c04db985087_s

加齢臭は日常生活の中で改善できると何度も色んな記事お伝えしてきました。
しかし、具体的にはなぜ睡眠不足が加齢臭と関係あるのでしょうか?
そこで今回は睡眠不足は加齢臭の天敵?睡眠から変える明日の臭いについて徹底解説致します。

■日本人の半分は睡眠時間に満足していない!?

実はある調査で日本人の4割が睡眠に満足していないのが現状です。
日本人というのは性格上、神経質なタイプの人間が多いため仕事のことを考えすぎてしまったり、時間に追われて睡眠時間を削ることや寝つきが悪く、いくら寝ても疲れが取れないことなど睡眠に関して多くの悩みを抱えている人がいます。

もちろん良質な睡眠をとることは健康にとってとても重要な一つの要素ですが、実は加齢臭においても関係があります。

●加齢臭と睡眠時間の関係性は?

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

もう覚えたかと思いますが加齢臭はノネナールは過酸化脂質により生成されるのが原因であり、この過酸化脂質が脂質を酸化するのです。
そこで必要なのが抗酸化作用のあるものを摂取すること。
ですが睡眠時間がしっかりと確保できていないと、抗酸化作用を持つメラトニンや成長ホルモンの分泌量が減ってしまうのです。
抗酸化作用と同じような働きを持つだけではなくこれらは、新陳代謝を促すために身体の中のの細胞や皮膚を若々しく保つ働きをしてくれます。
つまり寝ることによって分泌される成長ホルモンやメラトニンが必要というわけですね。

■寝る時間は何時ごろがベスト!?

基本的に「早寝早起きがいいの?」という疑問をお持ちでしょう。
しかし、「成長ホルモンが分泌される時間=ゴールデンタイム」というのがあるのはご存知ですか?
それは22時から深夜の2時の時間の間です。
この時間に寝ると成長ホルモンはより分泌されるので抗酸化作用としても効き目が抜群ですよ。
しかし、どうしても仕事上帰ってきてしまうのが12時を過ぎてしまう…。中にはそんな方もいるかと思います。
ではそんな方はどうすればいいのか次の項でご説明しますね。

●ゴールデンタイムに寝ることができない。

030cfb289046daa4c425fc14570bfab8_s

必ずしもゴールデンタイムに寝ることが難しい方は多いでしょう。
しかし、抗酸化作用の働きを生み出せばいいのです。
つまりビタミンエース(ACE)を含んでいる納豆であったり、サラダであったりと何かしら抗酸化作用を持つ軽食を摂取してから寝ると寝ている間にそれが消化・吸収され抗酸化作用を得ることができます。

寝る時間をきっちり確保して加齢臭対策!

今は特に忙しい世の中ですからどうしてもこういった工夫でしっかりと睡眠時間を確保し、加齢臭の対策ができればいいと思います。

何から始めたらいいのかわからいない加齢臭対策。ストレス対策にもまずはしっかりと睡眠時間を確保しましょう。

日々の生活=加齢臭

意外と日々の生活を見直すだけで加齢臭は抑えることができます。
そうすればあなたも明日から加齢臭の臭いを撃退できますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です