ミョウバンで加齢臭が消える?仕組みから解説

8088f0ee63be0338dd45f9a2b3378ffc_s

みなさんも一度聞いたことがあると思います「ミョウバン」。
簡単にいうと用途としては質の悪い水を殺菌させるような作用があります。現在では制汗剤などでも使用されているのです。
制汗剤に使われているとなるともしかしたら体臭などにも効果的なのでは?と思いますよね。
今回の記事ではミョウバンで加齢臭が消える?仕組みから解説というテーマでお届けします。

■ミョウバンが身体にもたらす作用

57fbfcc07154ed7e1411a313e4a54ed1_s

ミョウバン自体は簡単にいうとカリウムやアンモニウム等の金属とアルミニウムなどの金属が硫酸塩の形で結合された複合塩の総称を指します。さらに古代ローマから使われていたともいうのです。
しかし、なぜこのミョウバンが加齢臭や体臭に対して臭いを防ぐ役割があるのでしょうか。

●収斂作用

収斂作用とはあまり耳にしたことがないとは思いますが、簡単にいうとタンパク質を変性させ引き締める作用のことです。
肌というのはタンパク質でできているのでその肌の表面にある角質層というものを引き締めてくれます。
女性の方が化粧水を使うように、もしくは冷たい水で顔を洗ったときのように肌が引き締まりますよね。
そうすることによって肌のバリア機能というのが高まります。

●殺菌作用

ミョウバンは、水に溶けると酸性を示します。
私たち人間はアルカリ性の生き物ですから身体が酸性に傾いてしまうとなにかしらの原因があるのです。
つまり特別な細菌などが増殖してしまいます。
そこで水に溶けやすいミョウバンは、殺菌作用を持っているので加齢臭の原因となる常在菌などを殺菌してくれるのです。

●制汗作用

276557c056ebca3cc308bfdb543caccd_s

冒頭でもお話ししたようにミョウバンは制汗剤でも使われています。
それにはこの制汗作用という働きがあるからです。
古代ローマ人は、古くからミョウバンを制汗剤として日常的に使われていたと言われています。
もちろん制汗剤として補えない方がこうしてインターネットなどの媒体で加齢臭をなんとかしようと考えていると思いますが他にもミョウバンの使い方はさまざまです。
例えば先ほどミョウバンは水に溶けると酸性になりやすいとあるので浴槽にミョウバンを入れてミョウバン風呂に入ったりすることで制汗作用を発揮し加齢臭などの体臭を防ぐこともできるんですよ。

■古代ローマから使われている最も古いデオドラント剤!?

実はこうした古くから使用されているミョウバンというのは皮膚科などでもお医者さんが使っています。
またミョウバンが結晶となった天然塩を海外では、「アルム石」と呼んで昔からからデオドラント剤として使用していました。

ミョウバンときくと馴染みがあるようでないようなそんな感じがしますよね。
しかし、古代ローマから伝えられてきて今なおこうして加齢臭に悩む方達のためにも医師をはじめ、商品が販売されてきたりしたのです。
試行錯誤を重ねてきた化学物質ではないので副作用の心配もありません。
特に簡単に行えるミョウバン風呂はおすすめですからぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です